2009年03月10日

シチズン(CITIZEN)腕時計はcitizenに愛された

シチズンの社名・ブランド名の由来って何だろう、とふと思った。ロレックス・オメガ・ロンジンなどの腕時計ブランドの名は由来などあまり気にならない。そういう腕時計ブランドは創業者の名前とか発祥地とか採られたものだろうと察しがつく。でも、日本のブランドとなると話は別だ。CITIZENは「市民」「民衆」という意味だから、かつて高級品で庶民には手に入らなかった時計が一般市民に広く普及されるように、という願いを込めたブランド名ということであろうか。確かに、19世紀初頭は、持ち歩ける(今でいうモバイルですね)時計といえば、腕時計というより懐中時計だったイメージがある。シャーロック・ホームズの読みすぎであろうか。もし、「シチズン」が私が考えたような由来のブランド名であるなら、文字通り広くcitizenに愛されるブランド時計に育ったことに深い感慨を感じざるを得ない。私が以前トルコ共和国で出会った現地女性は、みな一様にシチズン腕時計を身につけていた。町の時計屋さんのウィンドーを覗いても、CITIZEN腕時計が並んでいる。しかもそのシチズン腕時計は、100%ゴールド色であった。
posted by udedokei-watch-brand at 23:17| 腕時計ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページに戻る▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。