2009年03月12日

セイコー(SEIKO)ブランド腕時計のテレビCMといえば・・・

日本を代表する時計ブランドセイコーのネーミングはいったい誰がどういう意味で決めたのだろう、とふと考えた。私の予想:「精巧」「成功」の音読みから。セイコーにお勤めのみなさん、当たってますか?ともあれ、たとえSEIKOのネーミングを決めたセイコーのトップの方々でさえ、のちに「セイコ」という名のアイドルをセイコーの腕時計のテレビコマーシャルに起用することになろうとは思わなかったはずだ。若い方々はご存じないだろうが、1980年代にトップアイドルだった松田聖子がセイコー腕時計のアルバブランド「ピコレ」のCMに出演していたことが思い出される。歌まであった。もちろん歌っているのは福岡県久留米市出身のタレント松田聖子だ。曲は「聖子のピ・コ・レ♪」の歌詞で始まる。もちろん「聖子」はブランド名「セイコー(SEIKO)」も兼ねていたはず。「セイコーのピ・コ・レ。可愛いから好き。扱いやすいの、だから好き。ピピッと鳴るから好きなの〜♪」と甘く鼻にかかった声で歌っていたものだ。そして、画面ではロングスカートがふわっと揺れ、細いけどO脚(失礼)の松田聖子の脚が露わになるのだった。もっとも、「松田聖子」という芸名がもともと、日本を代表する腕時計ブランド「セイコーSEIKO」と自動車ブランド「マツダMAZDA」を組み合わせた名前なのだから、松田聖子の陣営の狙いがセイコー(成功)したというべきでなのでしょう。
posted by udedokei-watch-brand at 00:30| 腕時計ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページに戻る▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。